石仏に会いに・・ 中之瀬磨崖仏  

   
場 所 三重県伊賀市寺田中ノ瀬
 訪問日  2013年4月25日
 コメント
伊賀上野から東へ、木津川の支流、服部川に沿って、伊賀街道(国道163号)が津に通じている。

その川沿いの道の北側のそそり立つ岩壁に、磨崖仏が彫られている。

 

 ↑ 中ノ瀬磨崖仏の全景。

   国道は結構、交通量がある。駐車場は
   ないので、道路脇の広いところに停め
   るしかない。



 




← 教育委員会の説明板






 ↓ 阿弥陀三尊磨崖仏

   中央の本尊は、像高2.5m。鎌倉時代

 脇侍の観音菩薩と勢至菩薩は、線刻彫
 で、後世の追刻である。
 阿弥陀三尊の左右に、線刻の不動明王
 と地蔵菩薩立像が彫られている。
 
 全部で5体の仏さまが,彫られている。
 
 
 
← 中央の阿弥陀如来立像

  口元が大きく、素朴で力強い印象




 ↑ 向かって左端の不動明王
 Home  石仏Top  次へ