石仏に会いに・・ 新大仏寺  

   
場 所 三重県伊賀市富永1238
 訪問日  2013年4月25日
 コメント
 新大仏寺は鎌倉時代に創建された、奈良東大寺の伊賀別所で、真言宗の古刹です。

新大仏寺には、重文指定の鎌倉時代快慶作の「東大寺・大仏如来像」があるが、拝観料もいるし、撮影禁止だろうと諦めた。

境内の石仏と、裏山の三十三観音巡りを楽しんだ。


 
 

 ↑ 新大仏寺の山門



   ← 境内を入ってすぐの所にある仏像群

   慈母観音や、白寿観音が祀られている


 
   ← 大仏殿と上人堂
 






←↑ 大仏殿裏手にある不動明王

    江戸時代、伊賀市文化財、高さ6m

    岩屋不動尊と呼ばれている。













 








←↑ 鐘楼堂横の「阿弥陀三尊」

    トップ写真の拡大です。













   ← 西国三十三ヶ所巡りが始まる。

 



 

  同じ石工の作品でしょうか、お顔が似て

  います。
 
 
   
← 新大仏寺駐車場

  山里ののどかな風景
 Home  石仏Top  次へ