石仏・道祖神に会いに・・ 銀山街道の石仏  

 
場 所 兵庫県朝来市生野町~
 訪問日  2013年4月7日
 コメント  
 朝来市生野から銀山湖岸を通って、青垣峠から青垣町へ行く国道429号線沿いの石仏巡りをします。


 


← ↑ ここは生野町小野。
     生野町市街地と銀山湖の中間ぐら
     いの地点です。

     崖下のガレージの奥に、上のような
     祠があります。






 



← 祠の中には、3体の石仏が安置されて
   いる。
   向かって左から、制叱迦(せいたか)
   童子、不動明王、矜羯羅(こんがら)
   童子です。


 


↑ 銀山湖を過ぎて、魚ヶ滝荘付近
    セメントの崖の上に、石仏が見える。


 

  


 
← 「南無阿弥陀仏」と彫られた石柱のそ
 
  ばに、小さな石仏が二体祀られている。





 (左) 地蔵菩薩像

    寛政6(1794年)






(右) 大日如来像 

   文化10(1813年)


 
   ↑  青垣峠のすぐ手前、バイパスの

      終点付近です。











  

   六地蔵が、祠に祀られています。








 ← 上の地蔵さんです。

 ← 青垣峠を越えてから大分、下りてきた
   地点です。


   綺麗に舗装された道です。



   大きな木の下、「南無阿弥陀仏」と彫

   られた石碑のそばに、石仏が一体安

   置されている。
 


  ほかの部分に比べ、お顔がいやに綺麗

  だが、誰かが磨いたのだろうか。
 
  なんか気持ちよさそうです。




 Home  石仏Top  次へ