石仏に会いに・・ 大迫磨崖仏  

   
場 所 大分県豊後大野市千歳町長峰
 訪問日  2012年4月16日
 コメント
 高さ3.2mと大きな大日如来坐像で、粘土で覆わた石芯塑像という珍しい手法で作られている。

室町時代天保2年頃の作と伝えられているが、江戸時代に修復されたのが今の姿になるそうだ。

昼間でも堂内は暗く、これはフラッシュで撮ったもので、手ぶれも入っています。


 

 千歳村特産物直売所の駐車場に、車を停めて、右側の石段を上がっていく。






   石段を登り切ると、覆堂があって、その中の暗闇に大日如来がおります。

なんか不気味な雰囲気です。


 
 

 ← 境内のお地蔵さん
   


 お堂の側には、同じ大日如来と思われる石造りの頭部が置かれていました。
   

 境内に咲いていた花。
 石楠花だろうか。
 Home  石仏Top  次へ