石仏に会いに・・ 観音寺十六羅漢  

   
場 所 大分県竹田市寺町八幡山1782
 訪問日  2012年4月14日
 コメント 江戸時代の初め、元和4年(1618)に藩主中川公が、祈念所として建立した観音寺。

この観音寺への参道石段の入り口の岩山に、石造十六羅漢が並んでいます

    
 ↑ 石段を上がったところの観音寺から
   竹田の町並みを遠望。








    観音寺へ上がる石段

 
   


 ← 観音寺の境内。
 
   

 
 
     
      羅漢さん、どれも鼻が欠けています。
 Home  石仏Top  次へ