石仏に会いに・・ 瑞巌寺磨崖仏  

   
場 所 大分県玖珠郡九重町松木
 訪問日  2012年4月9日
 コメント  ここはかつて、国東半島の六郷満山を開いたといわれる僧仁聞が、養老年間(717~723年)に創建したと伝えられる瑞巌寺のあった場所である。
 県道沿いの石段を上がるとすぐ、崖の下に覆堂がある。
覆堂の中には、増長天、不動明王 、矜羯羅童子、多聞天などの五体の半肉彫りの磨崖仏がある。
制作年代は平安後期~室町。かなり幅があり制作年代ははっきりしていないようだ。


 

 朝方に訪問したためか、地元のご婦人方がお寺のまわりを清掃していました。










 

 
   中央に二童子を従えた不動明王、左に増長天、右に多聞天が彫られていて、朱色の彩色が残っている。
   
 Home  石仏Top  次へ