石仏に会いに・・ 旧千燈寺跡  

   
場 所 大分県国東市国見町千燈
 訪問日  2012年4月2日
 コメント 旧千燈寺跡は、六郷満山を創建した仁聞の入定の地という伝説がある。
仁聞は両子寺、富貴寺など28のお寺を開基したと伝えられている。
旧千燈寺跡はその後、大友宗麟の焼き討ちによって廃寺になり、今は寺の石垣、仁王像などが残されている。

    
  慶應4年(1888年)建造された石門。








 

 
 
    うっそうとした杉林を上がっていくと、
 奥の院がある。
   


 奥の院。石仏がたくさんある。
   
   

 レリーフ調で、半肉彫りの珍しい仁王像。
 
 
 栄枯盛衰が偲ばれる旧千燈寺跡に、別
 れを告げて・・。
   
 Home  石仏Top  次へ