石仏に会いに・・ 岩屋寺石仏  

   
場 所 大分県大分市古国府1-4
 訪問日  2012年3月29日
 コメント  大分元町石仏の西南約600m、龍ヶ鼻付近の崖にある。
全部で17体の磨崖仏から構成されているが、すでに輪郭をとどめている像は少ない。
保存状態が良いのは、右端の十一面観音菩薩立像だけです。

 
 
制作年代:平安時代後期(11世紀中頃~
       12世紀)





   

 
   

石仏のそばにある千仏龕(せんぶつがん)
   
   
 お堂のまわりにあるお地蔵さん。

圓寿寺と彫られた地蔵さんがあるが、圓寿寺(えんじゅじ)は、元々はこの石仏の位置にあり、岩屋寺と言われていた。









 Home  石仏Top  次へ