石仏・道祖神に会いに・・ 有帆菩提寺山磨崖仏  

 
場 所 山口県山陽小野田市有帆 菩提寺山
 訪問日  2014年4月24日
 コメント  
 有帆菩提寺山磨崖仏は、制作年代に関し、奈良時代説と昭和造立説がある。
専門家が調査したが、未だに結論は出ていない。

しかし現地の磨崖仏の前に立つと、論争の行方とは関係なしに、その秀逸な出来栄えに圧倒される。


 
 (左) 磨崖仏へ行くには、まず熊野神社
    駐車場からスタートする。




(右) 鳥居をくぐり、社務所前を通って、奥
    へ行く。

 ← 10分ほど登ると、巨岩とその奥にお堂
   が見えてきた。



   だが、ここで大失敗!

   矢印の所が、下の写真です。


 ← 右手を見ると案内標識がある。

   「岩の中にもおまつりしてあります」
   ご覧のとおり、↑ 矢印があり、その
   下に、「磨崖仏道順」と表記がある。

   それで私は、穴を通って上に行けば、
   磨崖仏があると、正直に思いました。

   上がって行くとすぐ道が途切れた。
   ここで引き返せば、どうと言うことはな
   かったのですが、そのうち、道に出た
   ので、目当てのほうに行きました。

   観光案内所にも電話したが、要領を
   得ず、1時間も迷った末、やっと磨崖仏
   にたどり着きました。

   何のことはない、穴をくぐらず、石段を
   あがったお堂の裏に磨崖仏があった
   のです。(ほんの50m先に!)

   この案内標識は、大迷惑!
   撤去するか、要改善です。
   (この標識、地主さんが親切で掲示?)
 
 ← お堂の裏の、磨崖仏。


 ← 像高3.16m、左手は瓶を掲げ、右手は

   指先で天衣をつまんでいる。

    この磨崖仏の詳しい所在場所に関して
 は、NETでもはっきりしなかった。

 現地には案内地図もない。公共団体発
 行のパンフレットもない。

 現地の案内標識も、整備されていない。
 たまたま案内標識があっても、不適切な
 誤解をまねくシロモノだったりする。


 でも、仏さんはそんな雑音は気にせず、
 悠然と佇んでおられます。



   ← 帰りは、このような鳥居をくぐって帰っ
  てきました。

  迷わなかったら、往復30分余りの道の
  りです。

 Home  石仏Top