石仏・道祖神に会いに・・ 石船山三十三観音磨崖仏  

 
場 所 山口県防府市大字下右田668
 訪問日  2014年4月17日
 コメント  
 石船山の自然石に彫られた磨崖仏は、天徳寺25代住職時代、大正4年から足掛け10年を費やして刻まれたものです。

いわば、現代の石仏ですがスケールの大きさに圧倒される三十三観音さまで、一見の価値ありです。


 ← 右田小学校グラウンド南側より、石船
   山を望む。

   手前に車の屋根が見えますが、ここ
   に駐車できます。


   学校敷地の左側が、天徳寺参道にな
   っており、すぐに天徳寺に着きます。

 ← 天徳寺です。

  後方の山が、石船山。



 ← 石船山の岩峰。

   恐ろしげな風貌ですが、大丈夫です。


 
 
← 山門を入り境内を左に行く。
  左の石段を上がると、登山口がある。




  ↑ 登山口から5~6分で、観音堂に着く


 


← ↑ 第2番 龍頭(りゅうず)観音
   
      雲の中の龍の背中に乗っている。






← ↑ 第5番 持経( じきょう)観音
      岩座に座り、手に経を持つ



← ↑ 第9番 威徳(いとく)観音


   救う相手にふさわしい姿に変身し、威
  厳と心服させる徳=威徳に因んで付け
  られた名前。




  
 


← ↑  第31番 持蓮(じれん)観音

      蓮華の茎を持つ


← ↑ 第10番  遊戯(ゆげ)観音
    信ずることにより、高いところから落
    ちても助かるという話から、ゆったり
    雲の上に座っている。
 




← ↑ 第31番 灑水 (しゃすい)観音  


    灑水とは、水にお香を入れて作った
    香水を注いで清めること。








  ↑第37番  不二観音

  ↑ 第29番 蛤蜊(こうり)観音 

  ↑ 第27番 一如(いちにょ)観音
 

← ↑ 第31番 馬郎婦(めろうふ)観音

    人の心を開き教え諭すため、妙麗
    な婦人となった観音様。


 



← ↑ 第25番 一葉(いちよう)観音

   水上の蓮華に、左ひざを立てて座る。
   水難から救ってくださる。



  ↑  第23番  魚籃(ぎょらん)
観音

   ↑ 第22番  延命観音


  ↑ 第20番 六時観音

    一日を六つに区分する習慣から六
    時とは、一日中のことを指す。
    常に守護する観音様という意味。


 ← 多羅尊(たらそん)観音


   多羅は眼・光輝という意味と救済者
   の意味を持つ。



  ↑ 第16番  青頸(しょうきょう)観音

  ↑ 第15番  衆宝(しゅうほう)観音

  ↑ 第13番 普悲(ふひ)観音

    ↑ 石灯籠まで降りてきた。  石船山三十三観音巡り、2時間半の山旅でした。

  
 ↑  第12番 瀧見観音
 Home  石仏Top  次へ