石仏・道祖神に会いに・・ 高野山・越前松平家石廟  

 
場 所 和歌山県伊都郡高野町高野山
 訪問日  2016年7月31日
 コメント  

 霊地高野山、奥の院参道の傍らに鎮座する、越前松平家石廟を訪ねました。
この石廟は、徳川家康の次男、秀康とその母を祀っています。
 秀康は越前大守となり、松平姓を名乗っている。
 二棟ある石廟の周囲の壁には、死者を極楽に迎える二十五菩薩の姿が浮彫されています。





  ↑ 奥の院、中の橋参道入口。




 ← 右側、結城(松平)秀康廟。
    慶長十二年(1607)

    左側は、秀康の母「長勝院」廟
    慶長九年(1604)



 



 ← 結城(松平)秀康廟




 



 ← 石廟外壁の彫刻




 



 ← ↑ 楽器に興じる仏様。






 




 ← ↑ 秀康の母、「長勝院」廟の彫刻。







 
 








 ←  秀康の母、「長勝院」廟の彫刻。


 



 ←  秀康の母、「長勝院」廟の彫刻。
 


  ↓ この後は、奥の院参道の石仏です。


           ↑     参道そばの地蔵尊 

    ↑  釈迦如来像
 

          ↑       奥の院  無縁塚
 
 Home  石仏Top  次へ