石仏・道祖神に会いに・・ 観音山磨崖供養塔婆群  

 
場 所 福島県西白河郡泉崎村踏瀬
 訪問日  2017年7月14日
 コメント  

 観音山磨崖供養塔婆群は、700年前の鎌倉時代に造られた仏教彫刻です。
自然の崖面に仏教の経典にある梵字(サンスクリット語)が書かれた塔や、阿弥陀如来像が彫刻されている。

 現在の供養塔婆群の上には、高速道が建設されていて、崖面は崩れかけています。
現場は危険なため、立入禁止になっています。






 ↑ 上地図のマーカー地点です。
   ここから20mほど奥に行くと、左のよう
   な供養塔婆群に行けます。



      ↑ ↓   東北高速道の真下に、供養塔婆群。
 
  
 

 ← ↑ 浮彫阿弥陀三尊来迎像



  ↑ 陰刻線彫の五輪塔
 Home  石仏Top  次へ