石仏・道祖神に会いに・・ 西隆寺の乙女三十三観音  

 
場 所 福島県大沼郡三島町西方巣郷4684
 訪問日  2016年4月23日
 コメント  

 西隆寺は、永平寺を本山とする曹洞宗のお寺です。
境内には、33体の美しい乙女観音が祀られているということで訪ねてみました。

 像容の美しさもさることながら、染み入る様な語りの説明文に惹かれて、殆んどの観音さんを撮りました。

 
 ※観音像の下が、説明文になっています。



   


 ← ↑ 西隆寺、境内と山門。


 

  ↓ 乙女三十三観音(順不同)

            哀切かんのん

             不滅かんのん



          うず潮かんのん   

              碧玉かんのん

             落陽かんのん

               一輪かんのん

                麗光かんのん

              縁生かんのん
            流水かんのん           
               

             妙音かんのん

              胡蝶かんのん

               秋風かんのん

                呼声かんのん

              スミレかんのん

            姿見かんのん

               子恩かんのん

               龍髪かんのん


           つる草かんのん

             桃花かんのん

             蜻蛉かんのん

              つぼみ観音

             せせらぎ観音

              野分かんのん

              妻子かんのん

              微笑かんのん

             合掌かんのん

                母心かんのん

             恋慕かんのん

               乙女かんのん

             旅路かんのん

                 越後かんのん

    この観音さんを製作したのは、当時20代であった石工姉妹で、住職の厚い信仰心を受け、長い時間をかけ完成させたとのこと。
 
 Home  石仏Top  次へ