石仏・道祖神に会いに・・ 大山町のサイノ神(旧大山町①)  

 
場 所 鳥取県西伯郡大山町
 訪問日  2015年5月8日
 コメント

 旧名和町に続き、合併前の旧大山地区を巡ります。

やはり旧大山地区が一番多く、9ページ、35ヶ所をご案内します。

 第1回は、次の4ヶ所です。


 ・上野
 ・福尾
 ・国信
 ・末吉

 なお、標題は集落名です。
地図のマーカーは、サイノ神の所在場所です。


  ○ 上野


    集落内に4基あるが、撮影は1基のみ
    で、他の3基は磨耗している。



 



← ↑ 上野のサイノ神


     円形枠に双体神立像を、肉付け
     浮き彫り。


     「上ノ村」の刻字あり。



  ○ 福尾





← ↑ 集落中央の公民館の庭に、3基。


 
 



← ↑ 福尾①

     「福尾社」の刻字あり

     杖を手にした、サルタヒコとアメノウ
     ズメ。

 




← ↑ 福尾②

     内裏雛様の双体神坐像。
     「明治十九」の刻字


 



← ↑ 福尾③

     天狗鼻のサルタヒコと、左手に御幣
     とサカキ、右手に神楽鈴を持ったア
     メノウズメ。
     「福尾村中」の刻字。

  ○ 国信





← ↑ 国信神社後ろの林の中、4基あり。


 


  ↑ 鳥居のそばの狛犬。

 
← サイノ神のそばに、道祖神の説明板。


 ← 国信①


  社殿風で、一部浮き彫りの双体神立像






 


← ↑ 国信②

    女神が男神に手を差し伸べている。
    「村中」の刻字があるが、右肩の字
    は削られている。


 



← ↑ 国信③

    上半身を線彫りした、双体神坐像。
    「嘉永元年」(1848)の刻字あり。



 



← ↑ 国信④


    円形掘り込みの中に、線彫りの肉彫
    り。女神は、宝珠を持っている。

    (このサイノ神は、大山町のリストには
     載っていないようだ)
  ○ 末吉(すえよし)





← ↑ 氏神跡の広場に、整然と9基並べ
     られている。


 



← ↑ 末吉①

     双体神立像。
     「末吉 明治九(1876)年十二月」
     の刻字がある。


 





← ↑ 末吉②


    肩を寄せ合った、童顔の双体神胸
    像。

    微笑んでいるような、愛らしい神さま。




 

 ↑ 末吉③
    内裏雛型の坐像。



←  末吉④
   「文政六(1823)年十二月吉日」の刻字
   がある。
 

 ↑ 末吉⑤




← 末吉⑥
   駒形掘り込み、内裏雛様双体神坐像

 

  ↑ 末吉⑦、⑧




←  末吉⑨
    社殿風の掘り込み。
    被り物が特異。 夷、大黒風?


 Home  石仏Top  次へ