石仏・道祖神に会いに・・ 大円寺の石仏  

 
場 所 東京都目黒区下目黒1-8-5
 訪問日  2014年11月10日
 コメント  
 大円寺は、江戸初期に開山。1772年の大火の火元となり、犠牲者の霊を慰めるために、五百羅漢像が造られました。
 釈迦三尊、十六大弟子、五百羅漢像など「大円寺石仏群」は、都指定文化財となっています。

石仏群のほかにも、三猿庚申塔など沢山の石仏が祀られています。



 


  ↑ 大円寺の山門


← 大円寺の五百羅漢

   赤い涎掛けは、とろけ地蔵。



 




← 山の斜面に、ぎっしり並んだ五百羅漢

  まさに、壮観!!




  ↑ 五百羅漢像前の真ん中に、鎮座す
    るお釈迦様。

    










← 五百羅漢像前の十六大弟子像







           ↑        三猿庚申塔
 
  ↑  文字「爲奉供養庚申塔二世安楽」
      造立 寛文7年(1667)








← みがわり地蔵尊




















 (左) 三猿隣の可愛い石仏



(右) 阿弥陀如来像そばの仏頭


 




← ↑ 大円寺道祖神




 


  ↑ 本堂前の七福神







← 西運(さいうん)上人の碑

  「吉三発心(きちざほっしん) 只たのむ
   かねの音きけよ 秋の暮」


  寺小姓の吉三は、お七の処刑後、名を
  「西運」と改め、諸国行脚の旅にでる。

  木枯らし吹きすさぶ中、黒衣の裾をなび
  かせながら、隔夜日参一万日念仏行を
  勤められている姿。



 ← 八百屋お七と、吉三の悲恋物語。

   上写真、碑のそばに立っている。




 ← 大円寺境内の阿弥陀堂


 Home  石仏Top  次へ