石仏・道祖神に会いに・・ 真蔵院の石仏  

 
場 所 千葉県千葉市花見川区武石町1丁目1413
 訪問日  2014年11月5日
 コメント  
 真蔵院は、武石三郎胤盛を始祖とする、武石氏一族の菩提寺で、806年(大同元年)開基とされています。

 境内には、現代風の新しい石像のほか、浪切不動堂そばの子安塔庚申群、その裏山の江戸期の石仏群など、石仏ファンには魅力的なスポットとなっています。







 ← ↑ 真蔵院入り口の石仏



 


 

← ↑ 手水舎に並んでいる石造物
 

  ↑ 真蔵院の本堂左上に建つ、浪切不
    動堂。



← 不動堂左横には、十九夜塔と子安塔な
  どが10基ほど並んでいる。



 ↑ 如意輪観音像(延宝11年・1677)
 


 ← ↓ 不動堂の横から、背後の斜面を登
     って行くと、江戸前期からの古い、
     墓標石仏が多数立っています。



 
 
 
 




  ここの墓地には、新しい墓がない。
  ここは両墓制の「ウチントウ」と言われる
  遺体を埋葬しない「詣り墓」のようです。

  優れた石塔石仏の宝庫となっています。








 Home  石仏Top  次へ