石仏・道祖神に会いに・・ 鵜殿窟磨崖仏  

 
場 所 佐賀県唐津市相知町相知和田
 訪問日  2014年5月4日
 コメント  
 唐から帰った空海が、この地に弥陀、釈迦、観音の三尊を刻んだのがはじまりと伝えられる磨崖石仏群。
鵜殿窟と呼ばれる洞窟とその周辺に、60数体の磨崖仏が刻まれている。


 





← 石仏群そばの説明板。










  ↓ 鵜殿を代表する石像群


   ↑  真ん中の「十一面観音」 
 


← ↑ 右側の「多聞天」





 


← ↑ 左側の「持国天」











 
←  石窟の左翼には、如来坐像を彫っ
   た小龕が並んでいる。

      ↓





← 奥のほうの石仏群
 Home  石仏Top  次へ