石仏・道祖神に会いに・・ 御手水観音磨崖仏群  

 
場 所 長崎県諫早市御手水町1643-2(境内地)
 訪問日  2014年5月9日
 コメント  
 中世山岳宗教の修験霊場として開かれた御手水(おちょうず)観音。
その参道左手に、49体の磨崖仏がある。
大雄寺の五百羅漢は、領主がつくらせたが、こちらの方は、江戸時代を中心に、信者たちが長い歳月をかけて彫ったものと思われる。



 

 
  ↑ 御手水観音の上がり口



← 磨崖仏前の説明板



 ← 参道左手の巨岩に、磨崖仏が線刻さ

   れている。


 
 

 


 

 

 
 


← ↑ はるか見上げるような崖の上に
    
     磨崖仏が刻まれている。





 ← 御手水観音堂境内の滝
   磨崖仏を少し上がるとある。





   ↑ 御手水観音堂からの帰り。
     右手が磨崖仏群



 Home  石仏Top  次へ