石仏・道祖神に会いに・・ 高千穂町向山の石造物  

 
場 所 宮崎県西臼杵郡高千穂町向山
 訪問日  2016年10月3日
 コメント
 高千穂町は、宮崎県の北端部、九州山地の中央部にある。
神秘的な名勝高千穂峡、天の岩戸開きや天孫降臨などで、神話の里としても知られている。

 ・椎屋谷の青面金剛
 ・向山神社の仁王像

 の2ヶ所の石造物を訪ねます。





 ○ 椎屋谷の青面金剛

    高千穂町向山 椎屋谷(しいやだに)




 ← ↑ 道路脇の茂みの中に、青面金剛像が
      ある。

   


  ↑ 二股の木の後に、ぼんやり見えている。




 ← 傷みのはげしい青面金剛像
  
    そのうえ木の茂みで暗すぎて、よく撮れ
    ていません。









    ○ 向山神社の仁王像

    高千穂町向山(むこうやま)




  ↑ 向山神社の鳥居
    山奥だが鳥居前まで、車でいける。


 ← 鳥居奥の仁王像
   

  ↑ 口を閉じた吽形像




  ← 口をあけている阿形像

    天保十五年(1844年)





 ↑ 左側は、入口の手水鉢

    肩に担いだ俵のうえに、水を溜めている
   

 ← ↑参道脇の石燈籠のうえに神像がある
 
              ↑     杉木立のなか、社殿に向かう参道
 

    ↑ お猿さんの神像もありました  
 Home  石仏Top  次へ