石仏・道祖神に会いに・・ 都城市①山田町の田の神  

 
場 所 宮崎県都城市山田町
 訪問日  2016年10月11日、12日
 コメント

 都城市は、宮崎県の南西部にあり鹿児島県に接しています。
県内第2の人口を要する都市ですが、2006年に旧都城市に山之口町、高城町、山田町、高崎町が合併し現在の都城市が誕生しました。
都城市は、島津氏発祥の地という土地柄か、色々な形の田の神が見られます。
都城市の田の神を、19回に分けて巡ります。

 まず、(旧)山田町から

 ・池之原の田の神
 ・下是位川内の田の神
 ・浜之段の田の神
 ・古江の田の神

 の4ヶ所を訪ねます。





 ○ 池之原の田の神

    都城市山田町山田 池之原





 ←↑ 池之原の安楽堂
   





 ← ↑ 池之原の田の神


      神官型の田の神のようです。

      背後に、嘉永7年(1854)の銘がある。
    ○ 下是位川内の田の神

    都城市山田町山田 下是位川内
                 (しもじいかわうち)



 
  民家の庭の一角に、田の神。

  
   


  ↑ 県道45号線沿い、民家の庭にある。


  



  ← 下是位川内の田の神

     神官型






    ○ 浜之段の田の神 

    都城市山田町山田 浜之段



  浜の段コミュニティセンタ敷地内の田の神
   



 ← ↑ 浜之段の田の神


     背面の文字 ↓

     「奉納 山田町浜之段 坂元実盛ノ妻
      ワイ 昭和三十七年十一月三日立 」
    ○ 古江の田の神

    都城市山田町中霧島 古江




 ↑ 薩摩迫館跡(都城島津家発祥の地)

   矢印の所を上っていくと、2体の田の神

   



 ← ↑ メシゲと宝珠を持った田の神

      大正6年12月2日建立





   




  白装束の田の神

  台座に、「嘉永7年(1854」)の刻銘
 Home  石仏Top  次へ