石仏・道祖神に会いに・・ 元箱根の石仏群  

 
場 所 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根110
 訪問日  2014年10月19日
 コメント  
 芦の湯から元箱根に通じる国道1号線沿いの、精進池の周辺には飛びきり、素敵な石仏群があります。
元箱根石仏群周辺は、史跡公園として整備され、立派なガイダンス棟も建っています。

石仏群の中でも、二十五菩薩(西側)の磨崖仏は、感動ものです。




 ← 「石仏群と歴史館」


   ここの駐車場に駐車し、精進池の遊
   歩道を歩いていく。

  精進池の湖畔の道を行くと、すぐに国道
 の下をくぐる地下トンネルがある。
 立派な地下トンネルをくぐり、国道の反対
 側に出ると六道地蔵の覆屋がある。





  ↑ 六道地蔵の覆屋



← 覆屋の中に鎮座する六道地蔵


   高さ3.5メートルに及ぶ地蔵菩薩坐像。
   鎌倉時代の造立。




 
  地下トンネルを引き返すと、精進池の
  遊歩道そばに、やや小ぶりな岩に3体
  地蔵が彫られているのが見える。


 
 ← 応長元年の銘があることから「応長
   地蔵」と呼ばれている。








  ↑ 右下の小さい龕に、2体の地蔵菩
    薩が彫られている。






  精進池をさらに進むと、宝篋印塔がある。







 ↑ 精進池のほとりに建つ、高さ約3mの
   石造宝篋印塔。

   「多田満仲の墓」と呼ばれる。



← 宝篋印塔側面に彫られた石仏

  見事な、釈迦如来坐像
  精進池に沿って進むと、大きな岩盤に彫
  られた仏像(磨崖仏)群がある。
 



← 磨崖仏(俗称二十五菩薩)





  国道1号を挟んで、西側(精進池側)に
  23体、東側に3体ある。


 


  ↑ 二十五菩薩(阿弥陀如来)
 ← 二十五菩薩(西側)


   ↑ 西側の二十五菩薩(東から見る)




← ↑ 東側の二十五菩薩

    西側に比べ風化が進んでいる。
    またご覧のとおり、側には行けない。


 Home  石仏Top  次へ