石仏・道祖神に会いに・・ 鎌倉市の石仏⑤中心部A  

 
場 所 神奈川県鎌倉市扇ガ谷ほか
 訪問日  2014年10月26日~27日
 コメント  
 鎌倉の石仏5回目は、市中心部の源氏山公園や鶴岡八幡宮のある付近を巡ります。

・海蔵寺・六地蔵石憧
・英勝寺・阿弥陀三尊
・浄光明寺・阿弥陀三尊
・宝戒寺・地蔵菩薩

 の4ヶ所を訪ねます。




 ○ 海蔵寺・六地蔵石憧

   鎌倉市扇ガ谷4丁目18−8





← ↑ 海蔵寺の庭園


 ← 鎌倉市の説明板




← ↑ 海蔵寺・六地蔵石憧
 




← ↑ 海蔵寺・聖観音像








← ↑ 海蔵寺の庭園
 ○ 英勝寺・阿弥陀三尊

   鎌倉市扇ガ谷1丁目16−3


   英勝寺は鎌倉で唯一の尼寺です。
  
   開基は、英勝院尼。徳川家康の側室
   お勝の局。(大田道灌5代の子孫)


← この門を入ると、受付がある。



 ← 矢印、仏殿の後ろに阿弥陀三尊が
   祀られている。


   仏殿は施錠され、入れない。
   崖下まで塀で囲われていて、石仏は
   まじかでは見られない。


   係りの方に案内してもらって、塀越し
   に、どうにか見ることができる。


 ← 塀越しに見た、阿弥陀三尊。


   三尊の配置は、本尊を真ん中に、左
   右に脇仏を立たせるのが通常のやり
   方ですが、ここは違っています。
   
   右端に本尊の阿弥陀如来、左に脇仏
   の勢至菩薩(せいしぼさつ)、観世音
   菩薩(かんぜおんぼさつ)が並んでい
   ます。





← ↑ 望遠で撮ってみました。
 ○ 浄光明寺・阿弥陀三尊

   鎌倉市扇ガ谷2-12-1



← ↑浄光明寺の山門と境内。

←  奥のほうに、阿弥陀三尊が見える。
   ↑ 浄光明寺・阿弥陀三尊







←↑ 左側の合掌している勢至菩薩
 



← ↑ 蓮台を捧げ持つ、観音菩薩



 




← 浄光明寺境内の楊貴妃観音



   ○ 宝戒寺・地蔵菩薩

   鎌倉市小町3丁目5−22




← ↑ 宝戒寺の本堂と入り口



 
   



← ↑ 宝戒寺の地蔵菩薩


    胸元は瓔珞(ようらく)で飾られ、また
   右手の杖の頭には、五輪塔の飾りが
   ついています。



 Home  石仏Top  次へ