石仏・道祖神に会いに・・ 魚沼市の石仏①  

場 所 新潟県魚沼市
 訪問日  2015年10月17日
 コメント  
 魚沼産コシヒカリで有名な、魚沼市です。
新潟県の南東部に位置し、福島県と群馬県の県境に接しており、豪雪地帯としても有名です。
2004年11月に、堀之内町、小出町、湯之谷村、広神村、守門村、入広瀬村の6町村が合併して魚沼市が誕生した。
 
 魚沼市の石仏、3回に分けて巡ります。
第1回は、次の2ヶ所です。

 ・大宿集落開発センター横の石仏
 ・横根の双体道祖神

  ○ 大宿集落開発センター横の石仏

    魚沼市高倉2516番地2




 ← ↑ 大宿集落開発センター横の石仏

     長岡市から魚沼市へ走っていて、偶
     然見つけました。
 



 ← ↑ 地蔵菩薩像


      秋の日差しをいっぱい浴びて気持
      ち良さそうです。







  ○ 横根の双体道祖神

    魚沼市横根(旧入広瀬村)
 

← ↑ 横根集落の中心部、工場前の石仏
     群。
     石仏の大半は、集落内の道路改良
     のなどのために移動されてきた。



 ← (左) 宝暦2年(1752)の道祖神


   (右) 如意輪観音










  ↓ 石仏たちが眺めている風景

  
 
 Home  石仏Top  次へ