石仏・道祖神に会いに・・ 越前一乗谷の石仏  

 
場 所 福井県福井市
 訪問日  2015年9月27日
 コメント
 一乗谷は、福井市街の東南約10kmにあり、戦国武将朝倉氏五代の城下町の跡がそっくり埋もれていました。
 昭和42年から遺跡の発掘調査が進められ、その全容が明らかと成り、国の特別史跡に指定されました。

 一乗谷のなかで、多数の石仏がある次の2ヶ所を訪ねました。

 ・盛源寺
 ・西山光照寺跡


  ○ 盛源寺の石仏

   福井県福井市西新町8-9



 ↑ 盛源寺の本堂


← 境内の説明板


 ← 本堂脇の石仏群
 

 


 ↑ 不動明王
    弘治2(1556)年の銘



← 地蔵菩薩
   天文6(1537)年の銘



 


  ↑ 参道の石仏群

    ほとんどの石仏が風化している。



← 比較的像容がはっきりしている。

  十一面観音像


   ↑ 西山光照寺跡の石仏群

     福井市阿波賀中島町11





← 石仏が並ぶ覆屋












         ↑ 童子と不動明王(天文2年/1533)

 
   ↑ 虚空蔵菩薩

           ↑ 右端は、高さ2mを越える地蔵菩薩(享禄3年/1530)



 Home  石仏Top  次へ