石仏・道祖神に会いに・・ 福寿観音  

 
場 所 群馬県利根郡昭和村赤城原
 訪問日  2015年8月2日
 コメント  

 昭和村の石造物めぐり、4回目は前回から南西に行きます。

広い畑の広がるなかに、住宅が点在する見晴らしのよいところです。



  ← 松の木の傍らに福寿観音


  ~赤城原の観音平に、「お婆あ松」と呼
  ばれる松があるが、こんな昔話が伝わっ
  ている。

  夏の祇園祭に、お婆さんと祭りを見に来
  た子供が、混雑でお婆さんとはぐれてし
  まい、泣き声で、「おばあ、おばあ」と呼
  びながら方々をさまよった。しばらく経っ
  てから、観音平の松の木の下に、あの時
  の子供の着物の干し切れと、遺骨だけが
  散乱していた。多分あの時の子が、オオ
  カミにでも喰われたに違いない。可愛そう
  なことをしたと村の人たちは悲しみ、その
  松を「お婆あ松」と呼ぶようになり、観音像
  を建てて冥福を願った。
  と言い伝わる。

  (「昭和村の石造物」より、抜粋)

   


 ← ↑ 福寿観音

     高さ 70cm

     ちいさな観音像だが、悲話を秘めて
     やすらかに佇んでいる。




 Home  石仏Top  次へ