石仏・道祖神に会いに・・ 嵩山(たけやま)西国秩父観音群  

   
場 所 群馬県吾妻郡中之条町
 訪問日  2013年11月1日
 コメント  
 嵩山三十三観音巡りの中ほど、
「実(御)城の平」の側に、秩父34番、西国33番観音が祀られています。

写真のとおり、一ヶ所で四角に互いに向き合って鎮座しています。



    
      ↑ 80体ほどの観音さんが、一堂に会し
    て何を相談しているのでしょう。



    右側の観音さんは、丁度逆光のため
    LEDライトを使いましたがうまく撮れま
    せんでした。

  
   
   
     
   



  比較的良く撮れた、気に入ったものを

  掲載しました。
   ← 「実城の平」は、城の中心の意味。

   「本丸」を「実城」と呼ぶ。

 Home  石仏Top  次へ