石仏・道祖神に会いに・・ 太田市の石神仏  

 
場 所 群馬県太田市
 訪問日  2015年8月19日
 コメント  

 太田市は、群馬県南東部に位置し、南に利根川、北に渡良瀬川という二つの大河に挟まれた地域にあります。

 ・新田村田町・永田宅の道祖神
 ・明王院の石造千体不動塔

 の2ヶ所を訪ねました。



  ○ 新田村田町・永田氏宅の道祖神

    太田市新田村田町975




 ← ↑ 新田村田町・永田氏宅の道祖神

      個人宅の敷地内だが、旧新田町
      重要民俗文化財の説明板がある。
 



 ← ↑ 新田村田町・永田氏宅の道祖神

      文政5年(1822)

      高さ 46cm



  ○ 明王院の石造千体不動塔

    太田市安養寺町200-1



  ↑ 明王院の入り口

 ← 明王院の石造千体不動塔

   底辺7.2m四方、高さ6m
   不動尊像は、東側270体、西側254体、
   南側238体、北側238体の合計1000体。
 

 ← ↑ 不動尊像 造立 延享4年(1747)
 

 ← ↓ 明王院墓地の石仏

       ↑   聖観音像
     ↑  阿弥陀如来像   
      ↑  大日如来像
 Home  石仏Top