石仏・道祖神に会いに・・ 虚空蔵堂  

 
場 所 群馬県利根郡川場村大字立岩
後山
 訪問日  2013年10月29日
 コメント  
 弘法大師ゆかりの虚空蔵堂は、天長四年(827)の創建と伝わています。

虚空蔵堂は、456段の石段の頂上にありますが、その石段の両脇には十三仏が、配置されています。


     (左) 沼田市から川場村に入ってすぐ、う
    どんの「かじか」のところから、虚空
    蔵道へ登る道がある。お堂の手前に
    駐車スペースがある。上記地図のマ
    ーカー地点です。

(右) 駐車場所から歩いてすぐ、虚空蔵堂
    に行き着ける。
    なお、グーグル地図は、この位置を
    「清岸院」と表示しています。
   ← 頂上の虚空蔵堂から、石段を下りて
   いく。

   振り返って撮ってみました。

   石段の途中には、文政12年、信州の
   石工、 飯沼伊左衛門が彫った十三
   仏が、このように配置されている。
   ← 教育委員会の説明


 
   ← 石段の上がり口にある説明板
   ←  石段途中の十三仏

       ↓ 
   
   
      
(左) 文殊菩薩




 




 ← 石段を下りてきて、一直線に上がって

   いる急な石段を振り返る。











   ← 石段の上がり口付近。


   ここから5分ほど下ると、清岸寺があ
   る。

   清岸寺まで車で行って、清岸寺から石
   段を上がって行った方が、良かったの
   かもしれない。

 Home  石仏Top  次へ