石仏・道祖神に会いに・・ 岩洞窟・迦陵頻伽(かりょうびんが)  

 
場 所 福岡県豊前市岩屋
 訪問日  2014年4月29日
 コメント  
 豊前市の岩屋地区、県道32号線沿いの山手、犬ヶ岳の麓にある「岩洞窟(がんどうくつ)」を訪ねました。
洞窟天井に描かれている、迦陵
頻伽(がりょうびんが)とも、飛天(ひてん)とも言われる岩壁画を見てきました。



 


  ↑ 県道から少し入った所に、案内標識
    がある。(写真奥の方に、駐車)




← 洞窟前の説明板。






 
← 30mほど歩くと、すぐ岩洞窟がある。






  ↑ 洞窟内には、お堂と石仏が10体ほど

     祀られていた。

 ← 窟の天井の迦陵頻伽(がりょうびんが)

 
  平安時代の末期に描かれたという迦陵
 頻伽(かりょうびんが)
 

 極楽浄土に住むとされる鳥で、上半身は
 人、下半身が鳥の姿をした仏教の想像上
 の生き物。





 ← 彩色は、明治時代の後補とされている。












  ↓  洞窟内の石仏たち

 
 
 ← 岩洞窟の全景

 Home  石仏Top  次へ