石仏・道祖神に会いに・・ 新城市の石仏①  

 
場 所 愛知県新城市
 訪問日  2014年8月6日
 コメント  
 新城市(しんしろし)は、愛知県東部、東三河の中央に位置している。
その昔、戦国時代の天正3年(1575)、織田信長・徳川家康連合軍38,000と武田勝頼軍15,000は、ここ新城市長篠で、長篠城をめぐって戦った”長篠の戦い”で有名。

 新城市の石仏を、4回に分けて巡ります。

 第1回は、次の2ヶ所です。

 ・慈広寺
 ・延命寺

 

  ○ 慈広寺

    新城市中宇利字大幡4
    


   ↑ 慈広寺の山門

← 境内は、蓮の鉢でいっぱい!

 

  ↑ 宝塔を持つ、弥勒菩薩でしょうか。
 

 ← ↓ 慈広寺境内の羅漢像


 
 
  ↑ 左石像の説明文
 

  ↑  大日如来
 
    ↑  文殊菩薩
 

← ↓ 慈広寺境内の白壁に、陶板の仏様
     が展示されていた。
     (作助窯 銘)

 
      ↑  勢至菩薩
      ↑  虚空蔵菩薩    
   ↑  千手観音菩薩
  ○ 延命寺

    新城市小畑字大入35-1




← ↑ 延命寺、山門と六地蔵


 ← 延命寺境内の石仏


 Home  石仏Top  次へ