石仏・道祖神に会いに・・ 南知多町の石仏  

 
場 所 愛知県知多郡南知多町
 訪問日  2014年8月1日
 コメント  
 南知多町は、愛知県の知多半島南端に位置している。
2006年に美浜町との合併話があり、新市名を中部国際空港の愛称「セントレア」に因んで、「南セントレア市」にすると発表したところ、町の内外から抗議が殺到した。
住民投票の結果、合併は中止された経緯がある。

 ・西岸寺
 ・岩屋寺
 ・岩屋寺奥の院

  の3ヶ所を訪ねました。


  ○ 西岸寺

    知多郡南知多町内海浦向60



  ↑ 西岸寺の山門


← 西岸寺納経所

 



← ↑ 阿弥陀三尊の上方に、七佛を配置
     している。

  ○ 岩屋寺

    知多郡南知多町山海間草109



 
← ↑ 岩屋寺の経堂と山門
 


← ↑ 経堂脇から続く、五百羅漢
 
 ← 岩屋寺五百羅漢


   山腹の崖に点々と祀られている。

   文化年中(1804年~)の中興の僧、
   豪潮律師によって開眼された。
  ○ 岩屋寺奥之院

    知多郡南知多町山海城洲62-2



  ↑ 岩屋寺奥之院山門


← 納骨塔 六観音


 


  ↑ 納骨塔の大日如来(?)



← 納骨塔の阿弥陀如来





 



← ↑ 参道脇の石仏


     白象に乗る普賢菩薩



   ↑ 不動明王像

 ← 朱塗りの三重塔


                ↑   女人堂の不動明王   → 
 
    ↑ 女人堂へ上がる階段

 


   ↑ 女人堂の不動明王




← 女人堂の聖観音


   女人堂内は、薄暗いのでLEDライトを
   点けて、撮影しました。
 Home  石仏Top  次へ