石仏・道祖神に会いに・・ 江南市の石仏  

 
場 所 愛知県江南市
 訪問日  2014年7月27日
 コメント  
 江南市(こうなんし)は、愛知県北部にあり、岐阜県との県境となる木曽川の南に面している。

 ・東光寺
 ・常蓮寺

 の2ヶ所を訪ねました。



    ○ 東光寺の四国八十八ヶ所石仏

    江南市五明町天王95



  ↑ 東光寺の山門
 ← 東光寺の境内


   正面奥の方に、四国八十八ヶ所の築
   山が見える。


 
 

← ↓ 四国八十八ヶ所の石仏  
 
 
  ○ 常蓮寺

    江南市宮後町砂場北235



  ↑ 常蓮寺の境内
     (中央奥は、須佐雄社)


← 境内左手の石仏群

   

← 如意輪観音と馬頭観音

   (上写真の石仏群より)



 ← 境内傍らの、役行者(えんのぎょうじゃ)


   役行者は、7~8世紀に奈良を中心に
   活動していたと思われる、修験道の開
   祖とされている人物です。
   本名は、役小角(えんのおづの)と言わ
   れ、実在したことは確かなようですが、
   詳しいことは不明です。

   脇待として、前鬼、後鬼の2匹の鬼を
   従えています。
   夫婦という設定で、前鬼が夫で善童鬼
   と言われる。口を閉じています。
   後鬼が妻で妙童鬼と言われ、口を開い
   ています。




   ↑ 妙童鬼 (後鬼の妻)

   ↑ 役行者 (高下駄で、岩に座る)
 
   ↑ 善童鬼 (前鬼の夫)
 Home  石仏Top  次へ